デザイン

外観完成予想図

歴史と品格を継承しつつ、和モダンの存在感を放つレジデンス。 新町、その歴史と伝統を私邸の佇まいにも継承させるべく、周辺環境と連なるような和モダンのテイストを放つ外観デザイン。落ち着きの中に明るさを漂わせるベージュを基調に、バルコニーのガラス手摺はダークな色調を配し、シンプルなデザイン構成とともに、洗練と格調の佇まいを印象づけます。

外観完成予想図

エントランスホール完成予想図

和の情感がもてなす迎賓の表情。端正な趣に心惹かれるエントランスホール。一歩踏み入れば、行燈の光が優しく出迎え、目線の先に設けられた端正な造りの坪庭はやすらぎを与えてくれます。坪庭には、料亭の風情を継承する庭石を配し、ソファに座って眺めれば、心落ち着く和みの空間が楽しめます。

MATERIAL 和モダンのイメージを大切に、エントランスの床には黒っぽい色調の大判タイルを、壁面にはベージュ系の石器質のタイル等を採用。落ち着いた味わいのある表情を醸し出します。

エントランスアプローチ完成予想図

豊かな樹々の景観とともに、住まう方やゲストを私邸へといざなう。通りから私邸の領域へは、料亭の三和土を思わせる黒の色調の大判タイルを配して、ゆとりあるアプローチでエスコート。自然石を野面積みした花壇は、趣のある情緒にあふれ、四季折々の表情を楽しめる樹々や草花がエントランスへと誘います。

熊本城の懐であり、古城堀端公園もほど近く、緑豊かで、閑静な住宅地、新町一丁目にこのレジデンスは誕生します。中でも、この場所は老舗料亭「菊本」の跡地でもあります。歴史を重んじ、また周辺の豊かな緑の景観にも調和し、現代の住まいとしての存在感のある設計プランを考えました。 株式会社 エヌプラス アーキテクト デザイン オフィス 中村 正次郎氏 中尾 俊平氏

※掲載の完成予想図・イメージイラストは、設計図書に基いて描かれたもので建物の形状、仕様、色調、植栽等は行政官庁の指導及び施工上の都合により多少異なる場合があります。

↑このページの先頭へ
来場予約
資料請求